神戸に朝7:30に到着。


そこから一気に群馬へ……と思ったんですが、せっかく関西にきたのでこっちでツーリングしよう!と意気込みました。

フェリーの中で色々調べていたのですが、群馬へ帰る途中で、名古屋から北上すれば岐阜県に世界遺産の白川郷があるのでそこへ行くことにしました。

というわけで、関西ツーリングではなく中部ツーリングになりました(苦笑)
休憩を入れながら高速と下道を走ること5時間余りで白川郷へ。



休憩適度にできたので疲労はほぼありませんでした。アメリカンは風当たりが強いものの体勢は楽なので飛ばさなければ長距離に適しているなぁーと実感。

ちなみに下道では、せっかく岐阜に来て、高速だけ使うのはもったいない!いいコースないかな…と調べたところ、高山まで続くせせらぎ街道という道があるとのことだったのでそこを走りました。












せせらぎ街道というだけあって、川と並走しているんですね。



冷たい風が気持ちいいじゃん……と薄着で走っていたのですが、途中から気持ち良い涼しさが寒さに変わり焦りました。

九州の海辺→本州の山との気温差を忘れていました。途中でバイクをとめ、パーカーを着込み再度出発。







暖かくなったのをいいことに、せせらぎ街道途中の道の駅でバニラ&ラベンダーなソフトクリームがあったので食べる。
美味い!バニラも濃厚でラベンダーも香りがあって美味しかったです。

今回のツーリング、ソフトクリームは当たりです笑


さてそこから進み、2時過ぎについた白川郷。
さすがの世界遺産、素晴らしい景色でした









白川郷といえば合掌造り















稲穂が栄えて綺麗ですねー。もう少し経ち紅葉が生まれれば最高でしょうね。


そして平日にも関わらずここも観光客で溢れてるな…と思ったら、殆どが外国人でした。

今年は結構色んな観光地に行っているのですが、京都や白川郷などの有名観光地には外国人観光客が増えましたねー。
二本も国際的な観光地になっていくのかなーと実感しました。






そして岐阜から長野へ移動し松本で一泊。
ちなみに下道で飛騨山脈~上高地越えをしたんですが、上高地の気温がなんと8℃。
夏用装備では全く歯が立たず、指は冷たさで動かなくなり・・・・ちょっとだけ死ぬんじゃないかなと危機感を覚えました(苦笑)


じゃらんで格安ホテルを手配し、チャックインするなりシャワーで身体を温めました。
初日に大雨で心が折れそうになり、帰り道の寒さで心が折れそうになるという・・・・orz






そして翌日。
身体も心も充電完了。昨日は世界遺産なら、今日は国宝だ!というわけで、国宝・松本城。




デーン!























城内も観覧し、大満足。
修復をしているとはいえ、江戸時代の城がこうもしっかりとあるのはすごいですね。
歴史的な場所へ行き、そこで起こったことを想起すると不思議な気分になります。






歴史に歴史に思いを馳せながら・・・・食べるのはガッツリ洋食です笑




松本駅前にある洋食屋どんぐりは地元で有名な洋食屋さんで、ボリューム満点ということでここをチョイス。
ハンバーグ・エビフライ・ガーリックチキンをガッツリと食して大満足でした。



そして、松本ICから家までちょうど200km。ノンストップで2時間で帰宅。
ちょっと大変だったけど最高に楽しいツーリングでした。
また九州に行って、今回走れなかったところや他のスポットに行きたいですね。












九州ソロツーリング

【総走行距離】
1937.5km

【所要日数】
11日間(内フェリーにて二泊三日)

【通過都道府県】
群馬 埼玉 東京 福岡 山口 熊本 大分 宮崎 兵庫 大阪 京都 愛知 岐阜 長野
計 14都府県




スポンサーサイト

27日、本来なら宮崎市を中心に何処かへ行こうと思っていたんですが、あいにくの雨で外出できず。

仕方ないので、ホテルのラウンジで本を読んでいました。

昼になり、近場にチキン南蛮発祥の店があるとのことで向かいます。





おぐら本店














中は昔ながらの定食屋!といった感じで、昭和の雰囲気が残っています。
















前日もチキン南蛮だったこともあり、ハンバーグとチキン南蛮ハーフ&ハーフのビジネスセットを注文。









美味い!

ここではもも肉ではなく胸肉を使っているとのことで、あっさりめの味になっていて食べやすかったです。

女性客も多く、店内は常に賑わっていました。









そして午後になり、都内で所属している道場のチームメイトと合流。
地元宮崎のチームとの合同練習へ。




















道場の宮崎合宿は毎年行ってるんですが、今年は練習不足を移動の疲労が祟ってボロボロでした(苦笑)



練習後は、練習したみんなで飲み会です。

宮崎の酒を飲んで、宮崎のご飯を食べる。最高でしたw














28日は、チームメイト達とSUP(スダンダップパドル)やカヤックをしました。



tumblr_inline_nr5ah6Luq81tx5cm7_1280.jpg
05.jpg

写真がないのでイメージ図




何年か前に宮崎に来た時もやったのですが、楽しかったです!

水の上に立って進むというのは不思議なもんですね。

そして今回のツーリング中はじめて、レジャーをしました笑
やはり一人だとなかなかできないですね(苦笑)









そしてチームメイトと別れ、宮崎港へ。

当初の予定では

別府→愛媛のフェリーに乗り四国横断、徳島→東京で帰るか

宮崎から北九州まで高速道路で向かい、北九州→東京

の予定でした。


しかし九州&四国は28日以降天気が微妙で、この日もポツポツ雨が降りなんとも不安定な天気でした。



そんなとき、昨日練習した宮崎の選手から

「宮崎港から神戸へフェリー出てるよ」

と、金言が。

というわけで、宮崎→神戸行きのフェリーに乗りました。

















フェリー内部は東京→北九州で使った東九フェリーとはだいぶ違いました。


驚いたのは、なんと夕食がバイキング!























エビフライ、チキン南蛮、押し寿司、イカ刺し、刺身など美味しいものが沢山あり、ついつい食べ過ぎてしまいました。




夕食をたらふく食べ、この日は翌日に備えて早めに寝ました。


揺れは天気の影響もあるのかわかりませんが、東九フェリーよりだいぶ揺れてました。




そして、朝になればいよいよ神戸、関西上陸です。







さて、26日はさらに南下して宮崎を目指します。


その前に







阿蘇駅のすぐ横には道の駅があります。
ここのソフトクリームが絶品なんだとか。








阿部牧場のものは、牛乳の味がしっかりとするあっさり系
モーモーファームのものは、濃厚・甘さたっぷり系

どちらもほぼ同じ位人気だとか。

今回はモーモーファームverをいただきます。









めっちゃ濃厚!


朝から目が覚める美味しさです。
これで当分のエネルギー充填できました。今思うと、せっかくなので食べ比べすればよかったと後悔・・・









さて、ソフトクリームを堪能したところで、宮崎を目指します。

阿蘇楽のオーナーさんに、「アメリカン向けのオススメの道があるよ!」と教えてもらったのがこの道。







広域農道です。
峠道のようなカーブは少なく比較的直線が多いので、アメリカン乗りには好まれる道だそうです。
見どころもあるよ、と言われ楽しみに早速進みます。





少し進んで見えてきたのが「阿蘇望橋」


通称:熊本のマディソン郡の橋だそうです。









マディソン郡の橋といえば、95年に公開された、クリント・イーストウッド主演の名作映画です。





確かに、映画に出てきた橋を想起させます。
日本では、こういう屋根付きの木橋は珍しいんだとか。確かに他では見かけないですね。































マディソン郡の橋を通り、さらに進むと、ツリーハウスという巨大な木の家がありました。










思っていた以上にデカくて驚きました。


誰が、何のために作ったのか、よくわからないという不思議な場所です。





























さて、約25kmの広域農道を通り、さらに325号を進むと高千穂へ着きます。






高千穂とは、日本神話にも登場する地名で、天孫降臨の地ともされています。



神々が住まう街、高千穂は九州ツーリングで是非とも行きたい場所でした。












土曜日とはいえシウバーウィーク明け、にもかかわらず沢山の観光客で賑わっていました。
車のナンバーを見ると九州の人が殆どでした。本州人で混みあうシルバーウィークを外したんでしょうかね。

車の駐車場は渋滞をお越し全く進まないのですが、バイクは無料駐車場が有り簡単に停められました。










他にもバイクがズラリ。
でもみんな九州ナンバーでした。関東ナンバーは九州ツーリング中でもほぼ見かけず(苦笑)











そして、高千穂ナンバー1の見どころといえば、高千穂峡です。

高千穂峡は、その昔阿蘇火山活動の噴出した火砕流が、五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出し、 急激に冷却されたために柱状節理のすばらしい懸崖となった峡谷。
この高千穂峡は、1934年(昭和9)11月10日、国の名勝・天然記念物に指定されています。
(高千穂町HPより抜粋)
























絶 景 !





素晴らしい景観です。遥々群馬から来た甲斐がありました。














峡の下ではボートにも乗れるらしいのですが、何が悲しくて男一人で乗るのか時間が少し押し気味だったため一息つき、宮崎市を目指します。










宮崎市まで約130km(確か)


高千穂から宮崎市内を目指すのはこのルートを使うのですが・・・・


これがクセ者でした。


高速道路だから、100km/h走行ノンストップでいけば1時間半くらいだろ・・・と計算していたんですが、

延岡市から宮崎市まで続く延岡道路&東九州自動車道一車線・70km/h制限でした。



坂道になるとさらにゆっくり、40~50km/h くらいになることもしばしば。

さらにPA・SAもほぼなく、延々一車線を前後車に挟まれての走行になりました。



結局予想を遥かにオーバーし、約3時間かかりました(苦笑)



本当は着いてから日のあるうちに日南フェニックス道路や青島など見たかったのですが、その時間はなく、適当に街をフラつき、夕食に友人とジャンボチキン南蛮を食べ就寝、となりました。












宮崎名物・フェニックス


24日はコインランドリーのあと、博多・市場会館にで昼食を食べました。
ここは以前博多に来たとき、タクシーの運転手さんに教えてもらった美味しいお店です。


ウニ丼 ¥1600を注文。

するとなんと、




箱入り雲丹がドン!と来ました。
食べてみると濃厚でたまらん。ご飯おかわりして、ウニ丼を堪能しました。



その日は天気も微妙だったのでホテルに戻り、まったり。夕食は博多に住む友人たちと呑みに行きました。





さて、翌日になり25日。
天気は曇りながら雨が降る可能性はなさそうなので、阿蘇を目指します。
ただ高速で目指すのではなく、九州最大のツーリングコース、やまなみハイウェイから、絶景スポットの阿蘇スカイラインを通るプランです。



まずは高速で博多から大分県九重ICへ。
九重ICを降り過ごし進むと、いよいよ総距離50kmにもなるやまなみハイウェイへ!



緩やかなワインディングと、時より見える絶景、山々に囲まれながら走る道は本州とはまた違った趣で胸が高鳴ります。



















不思議なところも。












長い道は信号も殆どなく快適に走れました。
シルバーウィーク終わりの平日ながら、何人ものライダー達とすれ違いました。

手を挙げると、みんな返してくれてさらに気持ち良かったです。さすが九州一のツーリングスポット。




さて、やまなみハイウェイを走り終え、いよいよ阿蘇スカイラインへ。


阿蘇はやまなみハイウェイとは違った道でした。
秋に入ったこともあり、稲穂や草木が色づいていました。















船出の時と同じく、自分が冒険者のような、そんな広大な場所でした。
頭の中ではまたしてもドラゴンクエストの曲が…
馬に乗りさあ今から魔王を倒しに行くか、と言わんとする気持ちです。




阿蘇外輪山から見下ろす街並みは、阿蘇の壮大さを認識させてくれる光景でした。










さて、そしていよいよ阿蘇へ来た目的。
そして、ずっと憧れた場所。

天空の道、通称 "ラピュタの道" へ……
















感 無 量


群馬から遥々九州へ来て、遂に来れました。
子供の頃からラピュタは数え切れないほど見てきたので、その記憶と結びつき胸が熱くなります。

残念なことに今年夏頃から事故多発の為通行止めになってしまっていましたが、それでもここから見る景色は、思い出も相まって感慨深かったです。




そしてラピュタの道を終え、宿泊先へ。
この日はゲストハウス阿蘇楽(あそら)に泊まりました。
共同部屋(ドミトリー)で2500円。






着いたのは夜ですが、お洒落な雰囲気です。
ライダー用に屋根付き駐輪場も完備されているので一安心。


ゲストハウスに着き、早速夕食へ。昼抜きだったので腹ペコです。




向かったのは「弁当のヒライ」

地元では有名な24時間営業のお店で、秘密のケンミンSHOWにも出たらしいです。



昼間撮影




ここでは弁当やお惣菜販売の他に、中で定食も食べられます。

「ヒライのラーメンは結構美味しいよ」とゲストハウスのオーナーさんに教えて貰い、ラーメンとオススメで書いてあった海老天&カツ丼を。







意外!というと失礼ですが、ラーメン美味しいです笑

空腹もあり、即完食。大満足でした。




そして、熊本に来たら馬刺し!ということでスーパーや肉屋に行くも、まさかの売り切れ。

肉屋さん曰く、いつもはあるんだけど、この日はゲストハウスやライダーハウスから注文が多くあり、在庫がなくなってしまったとのこと。。。。無念。



肩を落としていると、不憫に思った肉屋のおっちゃんが

「あか牛の刺し肉で良ければ・・・特別に卸すよ」

と言ってくれました。
あか牛とは熊本の名産牛。農業用の牛を改良して食用にしたらしく、赤身が多い牛なんだとか。
馬刺しより珍しく、旨さも保証!ということでそれを購入。たまり醤油と生姜もつけてもらいました。

「これは絶品だよ!是非焼酎で一杯やりながら食べておくれ!」

と、見送られながら言われました。






というわけで、寝る前の晩酌にいただきました。










肉の宝石です。



いやぁ、弾力ある赤身肉、噛めば噛むほど味が出ます。
たまり醤油と生姜がそれを引き立ててくれて・・・絶品。







そして地元熊本の薩摩宝山も合いますね。芋の匂いがさらに肉の味を引き出します。

贅沢な晩酌になってしまいました。土地の物を食べるというのが何より楽しみですね。






そして〆は

そう、九州限定アイスのブラックモンブランです。














九州に来た時は必ず食べています。
これもご当地ものですね。千葉に行ったらマックスコーヒー飲む感覚です(関東民限定ネタ)





というわけで、博多から阿蘇へバイクも食事も大満足な日でした。




九州ツーリング話は、夜には疲労感いっぱいだったり、時間に余裕なかったりして現地更新はできませんでした(苦笑)

今度ゆっくり更新します。



基本行き当たりばったりのツーリングなんですが、現在宮崎港→神戸行きのフェリーに乗っています。









というわけで、明日は神戸から群馬を目指します。




だが、天気は晴れ。せっかくバイクで関西初上陸を高速移動だけで終わらせるのはもったいない……



というわけで、明日関西方面をソロツーリングしながら群馬を目指そうと思います。